3つの特徴(KOWAふるい3大ポイント)

特 徴 1

汎用モーター

粘土の高いスラリー(湿式)原料もふるえます。
比重の軽い乾式原料もふるえます。
良品、不良品の差が極めて少ない場合でもふるえます。
安全増防爆型(eG3)、耐圧防爆型(d2G4)に対応。
KOWAのふるい機は振動モーターを使用せず、汎用モーターを使用することにより、振動体とモーターを分離させています。
そして、振動体に上下のウエイトをつけることで、水平・垂直・斜めの動きの3次元運動が可能になり原料の性質に合わせた処理ができます。

特 徴 2

強力型

騒音10%ダウン
2〜4倍の処理能力
よりスピーディ・確実・高精度にという市場ニーズに応えるKOWAのふるい機KGシリーズ。従来の機種より振動速度を2倍にすることで、これまでの2〜4倍(当社比)のふるい性能を実現しています。しかも原料に応じて振動パターンを変えることもできます。
また、従来機では弾まなかった網の上のタッピングボールも、振動速度を向上させたことで弾むようになり、目詰まりも解消されます。
構造は強固、さらに騒音も従来機の10%ダウンを実現して環境に配慮しました。

特 徴 3

リバース

95%以上の分級・排出
通常ではふるい機内の原料は、排出口に合わせて時計回りに流動してふるい選別されます。リバース機能では、ふるい分け時(反時計回り)と排出時(時計回り)とで原料の流れを逆転させ、その繰返し運転を行うことによって、最も効率的に95%以上の完璧に近いふるい分け・排出を可能にしました。 より微粉化する粉体業界のニーズに幅広くお応えすることができます。
リバース